スタッフ紹介

小方教授

自己紹介

氏名、職位 小方 直幸 教授
Name, State Naoyuki Ogata ; Professor
専門分野 大学政策論
Major Higher Education

 

kaneko01.jpg

私は、職業との接点という切り口から大学教育をとらえ直す研究をしてきました。教育研究の多くは、アカデミックな立場から理想つまり"BEST"を追求する営みですが、このコースは実践を経験されている方も多く、実際に大学を動かしていくための"BETTER"についても考えていく点が面白いと感じています。私自身もまた、アカデミックな営みと実践の間を行き来しながら、自分自身の立ち位置を確認してきました。大学に関わるアカデミックな視点と、経営や運営に関わる実践的な視点をよい意味で交差させ、大学に対する見方を絶えず捉え直す、そして大学に何らかの形で関わることを通じて、職業人としてのキャリアを発展させていく、そんな機会を設けられればと思います。

担当科目

2017年度

  • 高等教育論
  • 高等教育政策論
  • 大学経営政策演習(1)
  • 大学経営政策論文指導

 

インタビュー

私のキャリア

私が大学を出たのは、いわゆるバブル経済の終わり頃でした。教育学部であっても、周囲はいわゆる"優良企業"に就職していく人が多かったと記憶しています。しかし私自身は就職に対して確たるものがなく、なんとなく大学院に進学しました。当時は、大学院まで進むと一般企業への就職も難しく、結果として博士課程に進学して研究者への道を歩むしかない――そんな消去法的な経緯でこの世界に入ったのです。ですから、今の私に「適職感」はありません。折に触れて「自分はこれで良いのだろうか」と問いかける日々が続いています。当世のキャリア教育の文脈でいえば、脱落者かもしれません。