よくある質問と回答

修士論文の閲覧について

過去の修士論文を閲覧することはできますか?

 下記のようなルールになっております(2012年4月から新ルールを適用しています)。教育学研究科の関係者であれば、すべての修士論文の閲覧は可能ですが、それ以外の場合は、論文によって扱いが異なります。執筆者の希望を聞いた上で、論文ごとの開示ルールを定めているためです。

ご所属閲覧コピー・一時貸し出し

教育学研究科の関係者(教職員、学生、卒業生)

すべての修士論文について、コース事務室内での閲覧が可能。

修士論文執筆者が「関係者へのコピー・一時貸し出しをしてもよい」と許可した論文のみ可能(ただし、期間などのルールあり)

上記以上の方修士論文執筆者が「学外者への閲覧をしてよい」と許可した論文のみ、コース事務室内での閲覧が可能。修士論文執筆者が「学外者へのコピー・一時貸し出しをしてもよい」と許可した論文のみ可能(ただし、期間などのルールあり)

 

 ごらんになりたい修士論文が事前に決まっている場合には、来室前に、希望の日時や閲覧したい論文を事前にコース事務室までご相談いただきますよう、お願いいたします。閲覧可能な修士論文も、貸し出し中で、コースに置いていない場合もございますので、とくに遠方からいらっしゃる場合は、事前にお問い合わせいただくことを強くおすすめいたします。

 また、こちらでは、在学生、修了生の個人情報(連絡先や勤務先)を教えることはいたしておりません。
 以上のルールをご理解、ご納得のうえ、いらしてください。