新着情報

第2回全国大学事務職員調査 報告書をアップしました

 こちらをご覧ください

オンライン授業に関する教員調査について

 多数のお問い合わせをありがとうございました。

 2021517日 朝日新聞19面「オンライン授業、大学教員の本音 動画予習で効果/取り残される学生に懸念 東大が全国調査」で紹介されたのは、当センターが実施した下記の調査結果です。

 調査の詳細につきましては、以下のウェブサイトをご覧ください。調査票、報告書などが掲載されております。  

 

http://ump.p.u-tokyo.ac.jp/crump/cat77/cat88/2020.html

「コロナ禍後の大学教育」の報告書を公開しました。

 こちらをご覧ください。

第2回全国大学職員調査の単純集計をアップしました

 2021年2月に実施しました第2回全国大学職員調査にご協力いただき、ありがとうございました。

1983名の職員の皆様からご回答を寄せていただきました。
コロナ禍の年度末という大変お忙しい時期にもかかわらず、多くのご回答をありがとうございました。
 
全体 1983(42.8%)
国立 416(73.0%)
公立 253(53.7%)
私立 1314(36.6%)
 
単純集計はこちら
 

オンライン公開研究セミナー(2021.3.22)のご案内

主催:東京大学大学院教育学研究科学校教育高度化・効果検証センター

共催:大学経営・政策研究センター

 

テーマ:「パンデミックとアメリカの大学」 

2020年、COVID-19の感染拡大により、アメリカ合衆国は世界最大の甚大な被害を受けました。その中で大学に対してもきわめて大きな影響が及びました。世界の大学モデルとも言われるアメリカの大学がパンデミックで受けた影響とはどのようなものであり、我々はそれをどのように受け止めればよいのか。私たちは研究グループを編成し、検討してきました。今回のセミナーでは、大学の価値、経済的損失と支援、留学生と国際化、学寮とキャンパスライフという4点に着目し、研究成果を発表します。

開催日時:2021年3月22日(月)18時~20時
Zoomウェビナーによるオンライン開催

<プログラム>

趣旨説明「パンデミックの国際比較から何が見えるか」
福留東土(学校教育高度化・効果検証センター長、大学経営・政策コース)

「COVID-19が映し出す大学の価値と脆弱性」
長沢誠(埼玉大学)

「COVID-19による高等教育機関の経済損失と経済支援への影響」
川村真理(政策研究大学院大学)

「COVID-19による外国人留学生の受入れへの影響とその動向」
佐々木直子(電気通信大学)

「COVID-19による学寮を巡る影響とその動向」
蝶慎一(広島大学)

コメントと質疑応答

ご関心を持つ皆さんのご参加をお待ちしています。

詳しくはこちらをご覧ください。

<参加申込>
以下のURLにアクセスして事前参加登録を行って下さい。
後日、登録されたメールアドレスに当日用のURLをお送りします。
https://forms.gle/Yadvaxm3RpXQUCyX8

定員300名(定員に達し次第締め切らせていただきます)

申し込み期限:3月18日(木)

セミナーに関するお問合せ先:highereducation.jp@gmail.com

全国大学教員調査『コロナ禍後の大学教育』の単純集計をアップしました

 202012月に実施しました全国大学教員調査『コロナ禍後の大学教育』に

ご協力いただき、ありがとうございました。

 

全国2426学部の教員7278名を対象として実施させていただき、

多くの大学教員の皆様からご回答をいただきました。

まずは単純集計の結果をご報告させていただきます。

 

単純集計はこちらから

 

●回答者数と回収率

全体 2996票(41.2%)

設置形態別 国立 605票(53.1%)、公立 287票(49.8%)、私立 210437.8%)

 回答方法別 郵送回答 1271票、WEB回答  1725

 

多大なご協力をありがとうございました。

 

「大学事務組織の現状と将来 第2回 全国大学事務職員調査」を実施しています

全国大学教員調査『コロナ禍後の大学教育』を実施しています

「大学教育ー2010年台の変化:大学生・教員調査の2時点間比較」の報告書を掲載しました。

教育担当理事・副学長調査の報告書を公開しました

 こちらをご覧ください。

「大学の財務担当理事調査 報告書」を公開しました

こちらをご覧ください。

「大学の教育マネジメントに関する理事・副学長調査」の単純集計をアップしました

現在、「大学の教育マネジメントに関する理事・副学長調査」を実施中です

「全国大学教員調査」の単純集計をアップしました

現在、「全国大学教員調査」を実施しています

「第2回全国大学生調査 第一次報告書」をアップしました

「大学の財務運営に関する理事調査」の設置形態別の集計結果をアップしました

10月21日に財務担当理事・副学長セミナーを開催します

 経営環境が厳しさを増す中で、大学の財務マネジメントの在り方がますます重要に

なっています。

本セミナーでは、とくに財務分析・管理の実態、教学部門への財務マネジメント、財

務担当の理事・副学長の仕事のあり方などについて考えます。

まず基調講演で、東京大学 大学経営・政策研究センターが20192月に実施した

「大学の財務運営に関する理事調査」の結果をご紹介させていただき、その後は理

事・副学長等による班別討議を行い、参加者の抱えるそれぞれの課題を共有し、他の

参加者との議論を通じて、財務運営のヒントを探っていただきます。

セミナー後は情報交換会で、相互交流の場になることを期待しております。

多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております。

 

くわしくは、こちらをご覧ください。

 

1.開催日:20191021日(月)

2.時間:受付開始 13時 セミナー 1330分~17時、情報交換会 17時から18

30

3.場所:学術総合センター 2階 中会議室(東京都千代田区一ツ橋2-1-2

4.対象者:国公私立大学の財務を担当する理事・副学長等

    (同等の知識・経験をお持ちの方の代理出席、複数名出席も可)

5.定員 70名(先着順)

6.参加費 セミナーは無料、情報交換会は3000円(当日、会場にてお支払いくださ

い)

6.お申し込み先・お問い合わせ先

 東京大学大学院教育学研究科 大学経営・政策コース事務室

 電話&FAX 03-5841-3993  メール daikei3@p.u-tokyo.ac.jp

「第2回全国大学生調査」の単純集計をアップしました

「大学の財務運営に関する理事調査」の単純集計をアップしました

大学経営・政策研究センター2018年度第6回公開研究セミナー(2019.3.2)のお知らせ

「バークレーの学士課程教育と学習者中心型の学習支援」

日時:2019年3月2日(土)15~17時

会場:東京大学本郷キャンパス教育学部棟158教室

講師:エリザベス・ウィルコックス(Elizabeth Wilcox)氏(UCバークレー校学習支援上級コンサルタント)

 詳しくはこちらをご覧ください。

 

参加を希望される方は、下記まで、お名前、ご所属、ご連絡先をメールにてご連絡ください。2月28日〆切。

 大学経営・政策コース事務室 daikei3*p.u-tokyo.ac.jp (*を@に変えてください。)

現在、「大学の財務運営に関する理事調査」を実施中です

現在、全国大学生調査(第2回)を実施中です

大学経営・政策研究センター2017年度第2回公開研究セミナー(2018.1.17)のお知らせ

 大学経営・政策研究センター2017年度第2回公開研究セミナー

 

「韓国の高等教育政策の動向」

 

講師:金美蘭先生(韓国教育開発院 研究員)

 

*講演は日本語で行います。

詳しくはこちらをご覧下さい。

 

日時:2018年1月17日(水)午後3時~5時

会場:東京大学本郷キャンパス赤門総合研究棟A208教室

 

参加申込先:daikei3 (アットマーク)p.u-tokyo.ac.jp (1月15日まで)

*(アットマーク)を@に替えて送信下さい。

 

大学経営・政策研究センター2017年度第1回公開研究セミナー(2017.11.21)のお知らせ

 大学経営・政策研究センター2016年度第4回公開研究セミナー

「米国の大学における学科長-その位置付けと役割-」

 

講師:ジェラルド・レテンダ教授

Dr. Gerald K. LeTendre

(ペンシルバニア州立大学・教育政策学科・教授)

 

日時:2016年11月26日(土)15:00~17:00

会場:東京大学本郷キャンパス赤門総合研究棟A200教室

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

 

参加申込先:daikei3*p.u-tokyo.ac.jp (11月24日(木)まで)

*を@に替えてください。

当センターは、これまでのデータ寄贈に対して、表彰を受けました。

 当センターは、これまでのデータ寄贈に対して、表彰を受けました。

大学経営・政策研究センター2016年度第4回公開研究セミナー(2016.11.26)のお知らせ

 大学経営・政策研究センター2016年度第4回公開研究セミナー

「米国の大学における学科長-その位置付けと役割-」

 

講師:ジェラルド・レテンダ教授

Dr. Gerald K. LeTendre

(ペンシルバニア州立大学・教育政策学科・教授)

 

日時:2016年11月26日(土)15:00~17:00

会場:東京大学本郷キャンパス赤門総合研究棟A200教室

 

詳しくはこちらをご覧下さい。

 

参加申込先:daikei3*p.u-tokyo.ac.jp (11月24日(木)まで)

*を@に替えてください。

 

大学経営・政策研究センター2016年度第3回公開研究セミナー(2016.07.08)のお知らせ

 大学経営・政策研究センター2016年度第3回公開研究セミナー

 「アメリカのコミュニティ・カレッジ―カリフォルニア州コミュニティ・カレッジシステムの学習成果促進プログラム」
ダイアン・ロドリゲス・キイノ氏(Diane C. Rodriguez-Kiino, California Lutheran University, 2014-15年度東京大学・津田塾大学フルブライト招聘講師)
日時:2016年7月8日(金)18~20時
会場:工学部12号館(浅野地区)216教室
アクセスは以下をご覧下さい。 http://www.u-tokyo.ac.jp/campusmap/cam01_04_13_j.html
 
くわしくはこちらをご覧下さい。
 
 
 
 

大学経営・政策研究センター2016年度第2回公開研究セミナー(2016.06.11)のお知らせ

大学経営・政策研究センター2016年度第2回公開研究セミナー

 

「大学内専門職の日米比較-リサーチアドミニストレーターを中心に-」

 

講師: 三代川 典史氏(広島大学シニア・リサーチアドミニストレーター)

日時:2016611日(土)18:4520:45

 

会場:東京大学本郷キャンパス赤門総合研究棟A200教室

 

くわしくはこちらをご覧下さい。

 

 

 

 

大学経営・政策研究センター2016年度第1回公開研究セミナー(2016.5.27)のお知らせ

 大学経営・政策研究センター2016年度第1回公開研究セミナー

 

「世界の大学生の学習経験-国際学生調査(SERU)の結果から-」

講師:ジョン・ダグラス氏(カリフォルニア大学バークレー校高等教育研究センター上席研究員)

 

日時:2016年5月27日(金)18:00~20:00

会場:東京大学本郷キャンパス教育学研究科156教室

 

参加申込先:daikei3*p.u-tokyo.ac.jp (5月25日(水)まで)

*を@に替えてください。

 

くわしくはこちらをご覧下さい。

「大学上級管理職の現状と将来展望に関する調査」を実施しました

詳しくはこちらをご覧ください。

講演会のご案内(2016年2月16日)

東京大学 大学院教育学研究科 大学経営・政策研究センター (CRUMP)

講演会のご案内

『大学のガバナンスとマネジメント』

"Trends in Governance and Management of Higher Education Institutions"

研究セミナーのご案内(2016年2月16日)

東京大学大学院 教育学研究科 大学経営・政策研究センター(CRUMP)

研究セミナーのご案内

 『中国の大学教員の人事管理』

3月26日に国際ワークショップを開催しました。

  2014年3月26日に国際ワークショップを開催しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

高校生の進路追跡調査の単純集計の一部が間違っていることが 判明しました

「大学における意思決定と運営に関する調査」の単純集計をアップしました

2013年2月に、全国の大学教員4000名を対象とした「大学における意思決定と運営に関する調査」を実施しました。おかげさまで、1689名の 教員の方々から回答を得ることができました(回答率42.2%)。

単純集計の結果はこちらをご覧ください。ご協力、ありがとうございました。

【高等教育国際ワークショップ】「大学における経営管理職の役割と課題」(3月28日)のお知らせ

  2013年3月28日(木)13時から、東京大学赤門総合研究棟200番教室にて、高等教育国際ワークショップ「大学における経営管理職の役割と課題―日英の比較から―」を行います。

 事前申し込みは不要ですので、ふるってご参加ください。

 くわしくはこちらをご覧ください。

「大学における意思決定と運営に関する調査」を実施しています

 この調査は、大学の専任教員の方々から、大学における意思決定と運営についての実態やご意見をお伺いし、今後の大学経営について学術的に検討することを目的としています。

何卒ご協力をよろしくお願いいたします。

なお、アンケートの送付・回収、集計などのとりまとめについては、社団法人輿論科学協会に委託しています。

「大学教員の授業観と教育行動」調査の基礎回答をアップしました

昨年実施した「大学教員の授業観と教育行動」調査の基礎回答について、掲載します。

調査対象は法学部、経済学部、工学部を持つ全国の大学の講師以上の教員2,205名で、回収率は31%でした。

詳しくは、こちらをご覧ください。

「大学教員の授業観と教育行動」に関する調査を実施しています

「大学教員の授業観と教育行動」に関する調査を実施しています。

アンケートの送付・回収、集計などのとりまとめについては、社団法人輿論科学協会に委託しています。

何卒ご協力をよろしくお願いいたします。

 

「第6回 高校生の進路についての追跡調査」の単純集計をアップしました

くわしくはこちらをご覧ください。

ご協力、ありがとうございました。

全国大学事務職員調査、全国大学教員調査の単純集計をアップしました

くわしくはこちらをご覧ください。

大学教育に関する職業人調査報告書をアップしました

 こちらをご覧ください。

第5回高校生追跡調査の基礎集計をアップしました

 調査結果はこちらをご覧ください。

高校生調査についての説明はこちら

CRUMPワークショップ(東アジアの高等教育)の案内を掲載しました

 詳細はこちらをご覧ください。

「全国大学教員調査」「全国大学事務職員調査」を実施しています

 大学経営・政策研究センターでは、平成17年度~21年度文部科学省科学研究費補助金(学術創成研究費)の助成をうけ、現在、2つの調査を実施しております。

●「大学教員の現状と将来―全国大学教員調査」

この調査は、大学で教鞭をとっておられる先生方が、大学教育にどう関わり、どのようなお考えをもっておられるのかを明らかにし、日本の大学教育のあり方を考える基礎とすることを目的としています。

アンケートの送付・回収、集計などのとりまとめについては、社団法人 輿論科学協会に委託しています。

ご協力をよろしくお願いいたします。

 

●「大学事務組織の現状と将来―全国大学事務職員調査」

この調査は、全国の国公私立の大学事務職員の方々から、仕事やキャリア観についてご意見をいただき、今後の大学経営における大学事務組織のあり方を検討することを目的としています。

アンケートの送付・回収、集計などのとりまとめについては、社団法人 輿論科学協会に委託しています。

ご協力をよろしくお願いいたします。

大卒職業人調査の集計結果、全国大学生調査・追跡調査報告書をアップしました

 大卒職業人調査についてはこちら、全国大学生調査・追跡調査報告書についてはこちらをご覧ください。

「第5回 高校生の進路についての追跡調査」を実施しています

調査について、詳細はこちらをご覧ください。

また、アンケートの送付・回収、集計などの取りまとめについては、民間の調査専門機関である「株式会社 サーベイリサーチセンター」に委託いたしております。

ご協力をお願いいたします。

高校生の進路と親の年収の関連について

「大学教育に関する職業人調査」を実施しています

 詳しくはこちらをご覧ください。ご協力、よろしくお願いいたします。

全国大学生調査 追加調査2009の基礎集計をアップしました

 調査結果はこちらをご覧ください。

CRUMPのWEBサイトをリニューアルしました。

CRUMPのWEBサイトをリニューアルしました。